〒565-0816 大阪府吹田市長野東7-24 グランドセンター千里丘2階
06-6318-9771

美容皮膚科

Medical

「美容皮膚科」は、皮膚の構造やメカニズムを熟知した皮膚科医が、「しみ、しわ、ホクロ」など患者様の様々な“肌のお悩み”を解決していきます。原則全額自己負担(自費診療)となります。

しみの治療

しみにも様々な種類のしみがあり、時には2種類のしみが混在している場合もあります。正確なしみの診断をし、患者様に適した治療をおすすめいたします。

しみのレーザー治療(QスイッチNd:YAGレーザー)

老人性色素斑などに効果があります。しみの原因となるメラニン色素に反応してしみを薄くする治療です。

当院では最新型のQスイッチNd:YAGレーザー(StarWalkerⓇ:Fotona社)を使用します。照射部位は徐々にかさぶたとなって2週間ほどで剥がれてきます。その間は照射部位をテープなどで保護していただきます。

また、照射後6ヶ月ほどは、照射による炎症後色素沈着が多く出現します。炎症後色素沈着を少しでも減らすために、照射後は日焼け止めを使用し、摩擦を避けるようにしていただきます。また、アフターケアとしてハイドロキノンクリームなどの使用をお勧めしています。

レーザートーニング

顔全体にレーザーを照射することにより、「肝斑、そばかす、細かくて薄い多数のしみ」のような色素斑へ反応し、くすみの改善が期待される治療です。当院で使用するQスイッチNd:YAGレーザー(StarWalkerⓇ:Fotona社)はこれまでレーザー治療はタブーとされてきた肝斑に対して1064nmの波長でレーザートーニングを行うことにより、増悪や色素沈着といった副作用を抑えながら症状を改善していきます。また、皮膚のコラーゲンにも刺激を与え活性化させることで肌のキメを細かくしたり、ハリをもたせたり、毛穴の引き締めも期待できます。

肝斑治療

肝斑(かんぱん)とは、頬骨のあたり、額、口の周りなど顔の左右対称に出現するしみです。老人性色素斑とは異なりますが、見分けることが難しく治療には注意が必要です。30~40代から多く出現します。

当院では、主にトラネキサム酸やビタミンCなどの内服を行っています。また、ケミカルピーリング、イオン導入を併用するとさらに効果的です。

ケミカルピーリング

皮膚表面の古い角質層を取り去り、皮膚の細胞に刺激を与えて新陳代謝(皮膚のターンオーバー)を促進する治療法で、続けることによってにきびやにきび跡、くすみ、しみが改善していきます。

ピーリングを繰り返し行うと、皮膚の新陳代謝が活発になり、肌質全体の改善が見られ、トラブルの少ない肌に変わっていきます。

イオン導入

微弱な電流を流して、ビタミンCなどの有効成分を皮膚に効率よく浸透させる治療法です。「ニキビを治したい」「くすみが気になる」などのお悩みをお持ちの方にお勧めです。ケミカルピーリングとの同時治療がより効果的です。

ほくろ・いぼの除去

炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)

炭酸ガスレーザーは、ほくろや盛り上がったしみのようないぼ(脂漏性角化症)などを除去する医療用レーザーです。当院ではUAL3000DP(メディカルユーアンドエイ社)を使用します。炭酸ガスレーザーは、症状に合わせて削る深さを変えることができ、出血もほとんどありません。また、傷が比較的きれいに早く治るのが特徴です。

多汗症

多汗症とは、日常生活に支障をきたすほど汗を掻いてしまう状態で、掌や足底、腋窩に症状が多くみられます。当院での治療は、塩化アルミニウム液の外用や、腋窩であればボトックス注射が効果的です。

ピアス

当院では金属アレルギーの起こりにくい医療用チタンを使用したピアスホールの作成を行っています。

耳たぶのみの施術となります(軟骨等には施術できません)

未成年の方は保護者の同意が必要です。18歳未満の方の保護者同意書のダウンロードはこちら

しわの治療

ボトックス治療

現在準備中です。

表情しわの原因となる筋肉の緊張をやわらげ、しわを目立ちにくくします。効果は3~4ヶ月持続しますが、良い状態を持続させるためには定期的に繰り返し治療を行う必要があります。

AGA

AGAとは、男性に最も多く見られる脱毛症で「男性型脱毛症」の略です。

AGAは思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪がどちらか一方、または双方からうすくなり進行していくのが特徴です。細くて短い髪の毛が多くなり、全体としてうす毛が目立つようになります。

またAGAは何もしないでいると徐々に進行していきます。進行を抑えるためには早めのケアが大切です。

「フィナステリド」や、効果がより望める「ザガーロ」を処方しております。

美容注射・点滴

準備中